/

この記事は会員限定です

清水建設、シンガポールで計600億円受注 医療施設など

[有料会員限定]

清水建設はシンガポールで、医療施設や高層ビルなど大型工事を3件相次いで受注した。受注額は合計約600億円。保健省が発注した北部の医療施設は入院病棟や研究センターなどで構成され、延べ床面積は約9万平方メートル。すでに着工しており、2015年末の完成を目指す。

同国では高齢化による医療分野の市場拡大が見込まれている。清水建設の大型の医療施設受注は今回が2件目で、受注額は約160億円。同社は日本...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り195文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン