/

この記事は会員限定です

アリババが米上場準備 ソフトバンクに含み益、M&A加速も

[有料会員限定]

中国の電子商取引最大手、アリババ集団(浙江省)は16日、米国で新規株式公開(IPO)の準備を始めると発表した。時価総額で少なくとも10兆円規模とされる同社株の上場は、約37%出資する筆頭株主のソフトバンクにも含み益をもたらす。孫正義社長は米ヤフーが上場した際、その含み益を活用して事業を急拡大させた。今回も孫氏の"錬金術"が米携帯電話4位、TモバイルUSの買収などに生かせるか。

上場によりアリババの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り894文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン