/

この記事は会員限定です

競技用義足にトップ選手の技 研究者らが開発会社設立

[有料会員限定]

ソニー子会社の研究者や陸上選手などが陸上競技用の義足を開発する会社を設立し、2020年の東京パラリンピックに出場できる選手を育てるプロジェクトを始動させた。多くの企業や個人にも協力を呼びかける。

ソニーコンピュータサイエンス研究所(ソニーCSL)で義足を研究している遠藤謙氏や元五輪陸上選手の為末大氏らが、新会社のXiborg(サイボーグ、東京・渋谷)を設立した。

まず短距離走に使う義足を中心に開発...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り373文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン