ガリガリ君、最高値149円の新商品 セブン&アイと開発

2014/4/15付
保存
共有
印刷
その他

セブン&アイ・ホールディングスが赤城乳業と共同開発し全国のセブンイレブンなどで販売するアイス「ガリガリ君」の限定商品=共同

セブン&アイ・ホールディングスが赤城乳業と共同開発し全国のセブンイレブンなどで販売するアイス「ガリガリ君」の限定商品=共同

赤城乳業(埼玉県深谷市)は15日、セブン&アイ・ホールディングスと共同で開発したアイス「ガリガリ君」の新商品を22日から売り出すと発表した。価格は同商品の棒タイプとしては最も高い149円。セブン&アイのプライベートブランド(PB=自主企画)のデザートの味を再現したという。

新商品は「スイーツなガリガリ君 ミルクたっぷりとろりんシュー味」。シュークリームに入っているカスタードクリームの食感やシュー生地の香ばしい風味を工夫した。「ソーダ味」など定番の商品は税別60円で販売している。

赤城乳業が特定の小売りチェーン専用の商品を手がけるのは初めてという。アイスの棒に「あたり」が出るとデザートの「ミルクたっぷりとろりんシュー」と交換できる。セブンイレブンや首都圏のイトーヨーカ堂113店で販売する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]