2019年6月18日(火)

伊藤忠、大分にメガソーラー 総事業費150億円

2014/7/15付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

伊藤忠商事は九電工、三井造船と組み、大分市で大規模太陽光発電所(メガソーラー)を建設する。総事業費は約150億円で、出力は4万5000キロワット。今夏にも着工し、2016年中に稼働する。伊藤忠は海外を中心にメガソーラー事業に参画していたが、16年の電力小売り全面自由化に備えて、国内で発電所の開発から売電までを手掛ける体制を整える。

3社が共同で事業会社を設立した。出資比率は伊藤忠が50%、九電工…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報