/

この記事は会員限定です

「模倣犯」電子化で海外へ 小説もクールジャパン

クリーク・アンド・リバー社

[有料会員限定]

海外版権を扱うクリーク・アンド・リバー社(C&R)は日本の小説を電子書籍にして海外に配信する事業を始める。第1弾として、今秋に宮部みゆき氏の「模倣犯」を世界80カ国で販売する。「クール・ジャパン」として人気が高い漫画やゲームに続き、文芸小説も日本の輸出産業に育つ可能性が出てきた。

C&Rは世界展開を目指す作家は多いとみて、約100人の翻訳家を組織化。小説を英語版の電子書籍にする体制を整えた。編集...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り321文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン