/

育て和製ザッカーバーグ 子どもにプログラム伝授

(藤元健太郎)

小学生にプログラミングを教える試みが広がっている。プログラムはある一連の動作を記述するため、物事を構造化してロジカルに考える思考法が身につく。国語の授業では文章の解釈や表現力などを学ぶが、社会に出れば簡潔に構造化する力や、プロセスをロジカルに整理する力の方が役に立つことが多い。

CANVASのプログラミングラボでは小学生が熱心に製作に励む(C)CANVAS

米MITメディアラボが開発した「スクラッチ」という子供向けのプログラム言語が登場した。プログラムの要素がブロック状に分けられ、それを組み合わせていくだけでプログラムを作れる。まだキーボードを使いこなせない小学生でも十分学習できるのが特徴だ。

上達するとかなり本格的なゲームなども開発可能。既に全世界で300万人の利用者が500万ものプログラムを作って公開している。

日本でシステムエンジニアやプログラマーは従来、専門職として扱われてきた。だが、あらゆるビジネスにIT(情報技術)が関わる時代になり、経営者や起業家は英語力と同じくらいプログラムのスキルを持つことが重要になっている。

プログラム学習を通して創造性を学ぶ(C)CANVAS

サイバーエージェントは子会社のCAテックキッズ(東京・渋谷)で子供向けプログラム教室ビジネスに参入した。ビジネスとして利益獲得も目指すが、別の目的として中長期的視野からプログラムが可能な人材を育てる狙いもあるようだ。

実際、教えている内容もスクラッチ以外にiPhone(アイフォーン)向けプログラムや「HTML5」などのウェブアプリ開発コースもあって本格的だ。

NPO法人「CANVAS」(東京・墨田)も早い段階から子供たちにIT(情報技術)で創造性を育む取り組みを進めている。現在、米グーグルと組んで小型コンピューター「ラズベリーパイ」の活用を開始。自分で小型パソコンを組み立てて、そこで動くソフトをスクラッチを使って開発する。さらに様々なセンサーなどと組み合わせ、自分が想像した世界を実現させていく。ハードとソフトの両面で新しい物を生み出していく先進的ワークショップだ。

石戸奈々子CANVAS代表(理事長)は「パートナーになった東京都品川区立京陽小学校は、全校児童約350人にラズベリーパイを贈り、国語、算数、理科などの教科授業でプログラム学習の導入が決まった」と語る。ITは教育そのものを変えようとしている。

ふじもと・けんたろう 電気通信大情報理工卒。野村総合研究所を経て99年にフロントライン・ドット・ジェーピーを設立し社長。02年から現職

今や意欲さえあれば世界のどこにいてもネットワーク経由で学習できる時代だ。米MITやハーバードなど世界の一流大学もオンライン講座「MOOCs(ムークス)」を無償で公開し始めた。

インドには政府の教育補助を使えば1600円程度で購入できるタブレット端末もある。現在、「反転授業」と呼ばれる授業スタイルに注目が集まるが、これは事前に自宅などで端末を使い知識を取得しておき、学校ではその内容について学生が互いに議論する双方向の学習法だ。

佐賀県武雄市はタブレット端末を生徒に配り、この反転授業を試行的に採用し始めている。今後は先生の役割も、単に知識を教える人から、考え方や議論をより深めて活性化させるファシリテーターとしてのスキルが重要になるに違いない。

仮想現実(VR)なども普及すれば、様々なことを疑似体験できるスタイルの学習も増えるだろう。新しい時代に対応できる子供たちを育てることは日本の未来にとって最も重要なIT戦略と考えねばならない。近い将来、フェイスブックを創業したマーク・ザッカーバーグ氏のような構想力のあるプログラマーを生み出すためにも。

(D4DR社長)

[日経MJ2014年7月18日付]

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン