/

この記事は会員限定です

ダラダラ残業、一利なし 伊藤忠など削減から禁止へ

[有料会員限定]

政府の規制改革会議は13日、労働時間規制の見直しを含む改革策の答申を安倍晋三首相に提出した。政府は成長戦略に、働く時間ではなく成果に応じて賃金を払う「ホワイトカラー・エグゼンプション」を導入する方針だ。効率よく働く人が増えると期待される半面、働き過ぎにつながるとの懸念もくすぶる。効率よい働き方をどう実現するか。「ダラダラ残業」をなくす働き方改革に動き始めた企業の現場を追った。

「今日は帰ります」。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1590文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン