/

参天製薬、米メルクの眼科用医薬品事業を買収

参天製薬は13日、医薬品世界大手の米メルクの眼科用医薬品事業を買収すると発表した。米国を除く日本、欧州、アジア太平洋地域での製造販売の権利などが対象で、取得金額は約6億ドル(618億円)。国内の製薬業界では武田薬品工業など大手が海外で大型M&A(合併・買収)をしてきたが、中堅企業でも品ぞろえ強化を狙い事業買収の動きが広がりそうだ。

参天製薬は眼科用医薬品国内最大手。2014年3月期連結決算の売上高は1486億円で、営業利益率は2割弱。眼科用は売上高の8割強を占める主力商品だ。今回の買収で現在18%程度にすぎない海外売上高比率が16年3月期には30%にまで高まる見通しだ。

参天がメルクから取得するのは目の病気として患者の多い緑内障などの治療薬で合計9商品。製造販売権のほか、特許や商標などすべての資産を取得。対象となる市場はアジアや欧州を中心に72カ国・地域。今後2~5年程度はメルクから商品の供給を受ける。各国の規制当局から必要な承認を受けて今年末までに販売を始める。

参天はこれまでも日本でメルクの商品を販売したり、メルクに対して自社の治療薬を供給するなど提携関係にあった。今回買収する事業は年間売上高で約4億ドル(412億円)。参天が供給している売上高分を差し引くと、単純計算で280億円程度売上高が増える。

同日、大阪市内で会見した参天の越路和朗執行役員は「緑内障治療薬は国内外を含め眼科領域で最もニーズがある医薬品で、事業面で大きな飛躍が見込める」と語った。

国内の製薬業界では参天のように売上高が年1000億~2000億円規模の中堅企業ながら、高い収益力を誇る企業が多い。今後は豊富な資金を活用して海外での販売拡大などを狙った事業買収の動きが加速する可能性がある。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン