2019年1月17日(木)

夏のボーナス8.48%増 本社最終集計、バブル期上回る伸び

2014/7/14付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本経済新聞社が13日まとめた2014年夏のボーナス調査(最終集計、6月30日現在)によると、全産業の平均支給額は13年夏に比べて8.48%増となり、7%台だったバブル経済期の1989、90年を上回る高い伸びになった。円安や海外事業の拡大などによる好業績が定着した製造業が10.94%伸びて全体をけん引。主要企業に勤める従業員の収入増が、消費増税後に減速気味の個人消費を刺激する材料になりそうだ。

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報