/

この記事は会員限定です

夏のボーナス8.48%増 本社最終集計、バブル期上回る伸び

[有料会員限定]

日本経済新聞社が13日まとめた2014年夏のボーナス調査(最終集計、6月30日現在)によると、全産業の平均支給額は13年夏に比べて8.48%増となり、7%台だったバブル経済期の1989、90年を上回る高い伸びになった。円安や海外事業の拡大などによる好業績が定着した製造業が10.94%伸びて全体をけん引。主要企業に勤める従業員の収入増が、消費増税後に減速気味の個人消費を刺激する材料になりそうだ。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り492文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン