2019年9月16日(月)

スズキ、役員報酬カット ベア見送り「理解を」

2014/3/12付
保存
共有
印刷
その他

労使交渉の回答状況をボードに書き込む金属労協の職員(12日午前、東京都中央区)

労使交渉の回答状況をボードに書き込む金属労協の職員(12日午前、東京都中央区)

ダイハツ工業とスズキは12日、春季労使交渉で賃金を一律で引き上げるベースアップ(ベア)を見送り、若手や評価の高い社員を中心とする賃金是正分として月800円の賃金改善を実施すると発表した。軽自動車税の増税による先行き不透明感を受け、トヨタ自動車など大手とは一線を画する回答となった。

スズキは社長が1年間10%、4人の副社長が半年間5%の役員報酬をカットすることで労働組合から理解を得る異例の交渉を展開した。

ダイハツとスズキは労使交渉がヤマ場を迎えた3月上旬、労働組合の要求である月3500円に対し、ベアを見送る方針を固めた。いずれも増税や新興国での販売の不透明感が背景にある。

ただ、労使交渉の過程で反発が大きかったことなどもあり、全社員の一律引き上げではなく、業績評価が高い社員や若手などに充当する「是正分」として少額の賃金改善を実施することにした。一時金については満額回答とした。

スズキの鈴木修会長兼社長は同日記者団に対し、「軽の先行きが不安で危機感が強く、大手並みには(賃金改善)できない。組合におわびということで役員も報酬をカットすることにした」と説明した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。