クラウドファンディング、出資者の理解と共感がカギ
山田 剛良(日経NETWORK編集長)

(1/2ページ)
2014/6/17 7:00
保存
共有
印刷
その他

インターネットで小口資金を募る「クラウドファンディング(CF)」。国内でもマニアックな製品やサービスの開発資金集めとして定着しつつある。今は数十万~数百万円の調達事例がほとんどだが、3000万円の調達に成功した例も出た。

携帯型コンロ「RSRストーブ」50台の製造資金は3時間余りで集まった

携帯型コンロ「RSRストーブ」50台の製造資金は3時間余りで集まった

「こんなに支持されるとは予想しなかった」。東京・杉並に住むデザイナーの河野辺元康氏は今年1月にCFで自ら開発した携帯型コンロ「RSRストーブ」の試験製造の資金調達に成功した。

1台約9000円のコンロ40台分の製造資金をわずか3時間で調達。追加募集した10台分も10分で終了し、その後も追加予約の要望が殺到した。

RSRストーブはアルコールを燃料に使う小型のコンロだ。アルミ削り出しの美しいデザインと高い燃焼効率が売りで、アウトドアでお湯を沸かす用途に使う。もともと渓流釣りが趣味の河野辺氏が、市販品の燃焼性能やデザインに不満を抱いて開発を始めた。

RSRストーブを開発した河野辺氏

RSRストーブを開発した河野辺氏

同好の士が集う交流サイト(SNS)などで開発の経過を報告。要望を吸い上げて設計改良を重ねて手応えは感じていたが、実際の反応は予想以上。初期ロット製造の資金に加え、量産時の見込み客やファンが多数得られた。河野辺氏は「目標だったアウトドアグッズのガレージメーカーを始められる」と意気込む。

「培った人脈をフル活用した感じ。もう二度と同じお願いはできない」。TSUMO・JP(東京・港)で男性化粧品の通販事業を手掛ける野口卓也氏は、男性向けエステサロンの開業資金の一部3000万円を4月にCFで調達した。

エステサロン開業は化粧品通販事業の知名度を高める戦略の一部。宣伝や見込み顧客の獲得を兼ね、あえて金額を高めに設定した。が、達成までの道のりは厳しかった。取引先や友人・知人をリストアップして野口氏が自ら行脚。100万円以上の大口支援は直接説得して獲得した。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]