住商、愛知に国内最大級バイオマス発電所 

2014/7/14付
保存
共有
印刷
その他

住友商事は愛知県半田市に木くずチップを利用したバイオマス(生物資源)発電所を建設する。総事業費は約200億円で、出力は7.5万キロワットと国内最大規模となる見通し。今夏にも着工し2016年度中の稼働を目指す。16年の電力小売り全面自由化をにらみ、太陽光などと比べ発電時間が長い利点があるバイオマス発電事業を育成する。

住商の全額出資子会社のサミットエナジー(東京・中央)が現地に設立した事業会社が、半田市衣浦港の隣接地に発電所を建設し運営する。木くずチップなどの燃料は住商の生活資材部門と連携し国内外から調達。サミットエナジーを通じて企業などに供給する。

住商のバイオマス発電所は05年1月に運転を開始した糸魚川バイオマス発電所(新潟県糸魚川市)に続き2カ所目。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]