旭化成、殺菌力高いLED 食品や医療向けに

2014/7/12付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

旭化成は2015年から殺菌効果のある紫外線を出すLED(発光ダイオード)製品の出荷を始める。現在は紫外線の光源に水銀灯を使うのが一般的だが、LEDに切り替えることで電力消費量の削減などにつなげられる。小型のLEDランプを生産し、食品工場や医療機関などの需要を開拓。20年度に売上高300億円の事業に育てる。

新開発のLEDは、従来の水銀灯に比べて数十倍の高い殺菌・滅菌作用がある紫外線を出す。旭化成…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]