/

この記事は会員限定です

ソフトバンク、米携帯4位買収で大筋合意 融資枠4兆円

[有料会員限定]

ソフトバンクが米携帯電話4位TモバイルUSの買収について、親会社の独ドイツテレコムと大筋合意し、詰めの協議に入ったことが11日、分かった。国内外の8金融機関が買収資金として総額4兆円規模の融資枠を設ける。昨年買収したスプリントと統合すれば米国での契約数は約1億件となり、米2強に匹敵する。当局の承認などを巡り条件面ではなお交渉余地が残されており、両社は最終調整を急ぐ。

ソフトバンクは子会社で米携帯3位のスプリン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り816文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン