三菱重工、3子会社を4月に統合 トンネル掘削機など製造

2014/3/10付
保存
共有
印刷
その他

三菱重工業は10日、トンネル掘削機などの機械や水門をはじめとする鉄構装置の設計・製作を手がける子会社3社を4月1日付で統合させると発表した。調達コスト低減のほか、インフラ整備や補修分野などで幅広く技術提案する体制を整える。建設や電力、製鉄など共通顧客の需要をより緻密に掘り起こす。

三菱重工メカトロシステムズ(神戸市、渡辺望社長)を存続会社に、三菱重工パーキング(横浜市)、三菱重工鉄構エンジニアリング(広島市)の3社を統合する。新会社の従業員は約1100人、売上高は単純合算で500億円。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]