/

京セラが特許侵害訴訟を提起 太陽電池モジュール関連

京セラは10日、太陽電池に関する特許権を侵害されたとして、韓国中堅財閥ハンファグループの日本法人、ハンファQセルズジャパン(東京・港)を東京地裁に同日提訴したと発表した。太陽光パネルの発電効率の向上につながる技術を巡って特許権を侵害されたとしている。

京セラは「(ハンファ側と)交渉を続けてきたが、進展がみられなかったことからやむなく訴訟提起に至った」という。類似品を扱うハンファ以外の他の太陽電池メーカーや販売店に対しても、同様の交渉を進めており、状況に応じハンファと同様に「損害賠償や差し止めを求める特許侵害訴訟の提起を検討していく」(京セラ)。

京セラが特許侵害を受けたと主張しているのは、2012年3月に日本で取得した「3本バスパー電極構造」の特許権。太陽光発電の心臓部である太陽電池の電極構造に関する技術で、発電量の向上につながるという。

ハンファは経営破綻した当時世界最大の太陽電池メーカーの独Qセルズを買収し、太陽電池事業を強化。日本では外資系で販売シェア1位となっている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン