/

富士通、がん治療システムを共同開発

■富士通 横河電機子会社の横河医療ソリューションズ(東京・杉並)と資本業務提携することで基本合意したと9日発表した。富士通が横河医療に過半を超えない範囲で出資。富士通が高いシェアを持つ電子カルテシステムと、横河医療が強い放射線治療システムなどの技術を持ち寄り、がんの治療に役立つ新製品を共同開発する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン