2019年6月26日(水)

動く実物大ガンダム、19年お披露目 実現へ技術公募

2014/7/9付
保存
共有
印刷
その他

バンダイナムコホールディングスグループの創通とサンライズ(東京・杉並)は9日、動く実物大のガンダムを実現するための技術や企画を募集すると発表した。有望なアイデアがあれば開発費などの支援も検討。「機動戦士ガンダム」がテレビアニメ放映40周年を迎える2019年夏のお披露目をめざしている。

全長18メートルある動くガンダムを開発する。具体的な内容は今後詰めるが、起き上がったり、歩いたりするガンダムを想定している。技術や企画の募集期間は今月下旬から15年2月まで。

機動戦士ガンダムは1979年にテレビアニメの放映が始まった。プラモデルなど関連商品を含めてアジアでも人気が高い。

30周年を迎えた09年には東京・お台場に実物大のガンダムを設置し、約50日で400万人以上を集めた。その後、12年から再び実物大のガンダムを展示している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報