/

この記事は会員限定です

川重、新興国向け鉄道システム強化へ専門人材を倍増

[有料会員限定]

川崎重工業は新興国向けの鉄道システムの受注増に向けて、プロジェクトを管理する人員を今後2年をメドに現在の2倍の100人規模にする。信号や自動改札など関連装置を含めたシステム全般の設計ができるようにし、車両販売の拡大にもつなげる。2020年の鉄道事業の売上高を13年度見通しより7割多い2600億円にする。

台湾・台中市で開発中の都市交通システムプロジェクトに人員を送り込んで管理担当者を育てる。プラン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り206文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン