2019年1月21日(月)

ニコニコ超会議にみたバーチャルアイドルの近未来 (三淵啓自)

(1/2ページ)
2014/5/9 7:00
保存
共有
印刷
その他

4月26~27日、千葉市の幕張メッセでニコニコ動画の世界を地上に再現するイベント「ニコニコ超会議3」が開かれた。12万人が来場、ネット生放送は760万人が見守った。参加者はネット系オタクだけではない。

ニコニコ超会議3では「初音ミク」のコーナーが特に注目を浴びた(千葉市の幕張メッセ)

ニコニコ超会議3では「初音ミク」のコーナーが特に注目を浴びた(千葉市の幕張メッセ)

「言論コロシアム」には安倍晋三首相が出席。「大相撲超会議場所」では土俵を置き、横綱・白鵬をはじめ十両・幕内の力士250人超が参上。全長9.7メートルの有人潜水調査船や陸上自衛隊のヘリコプターも登場。さながら日本の新しい文化を集大成した感があった。

特に注目を浴びたのが仮想現実空間でバーチャルアイドル「初音ミク」に会って話したり握手したりする感覚を味わえる仮想体験コーナーだ。

初音ミクはもともと、クリプトン・フューチャー・メディア(札幌市)が2007年に発売した仮想女性ボーカル(合成音声)に歌わせるソフト「ボーカロイド」のキャラクターだ。その3Dキャラに手軽にダンスをさせる無料ソフトが登場すると、テレビよりネット映像を消費する若者の間で火が付いた。

動画サイトにボーカロイド曲に合わせたダンス映像などが数多く投稿された。09年にはステージ上で本物のバンドが生演奏し、初音ミクが歌うコンサートが実現。米国でも公演されて人気化し、トヨタ自動車の米国法人は初音ミクをCMに起用した。今月6日から始まったレディー・ガガの世界ツアーコンサートでは初音ミクがオープニングを飾っている。

特にボーカロイド曲の「千本桜」はオリコンチャートで3位になり、歌詞を題材にした小説も出版された。1月末に公開されたプロの和楽器奏者「和楽器バンド」がカバーした千本桜のPVは、350万回再生された。

  • 1
  • 2
  • 次へ

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報