/

パナソニック、役員報酬総額6.4億円 1人当たり1割減

パナソニックは5日、26日に開く定時株主総会の招集通知で2014年3月期に支払った役員報酬を開示した。取締役19人の報酬総額は6億4300万円。1人当たりの支給額は単純計算で約3400万円となり、前の期に比べて1割減った。13年3月期までの業績不振を受け、役員報酬をカットしたため。

株主総会では役員報酬の一つとして、株式報酬型ストックオプション(株式購入権)制度を導入する議案も提出する。社内取締役が対象で、ストックオプションの割当総額は一事業年度当たり5億円以内とする。

シャープも定時株主総会の招集通知で14年3月期の役員報酬を開示した。取締役16人の報酬総額は2億4500万円。1人あたりの支給額は単純計算で約1500万円と、前の期に比べて6%減った。業績低迷を受けて賞与は支給ゼロを継続した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン