/

この記事は会員限定です

薬特許切れ前、社員焦り ノバルティス不正問題

[有料会員限定]

スイス製薬大手ノバルティスの日本法人の社員が2度にわたり医師主導の臨床研究に関与したことが明らかになり、二之宮義泰社長(当時)は3日付で辞任した。本来あってはならない製薬会社の関与が起きた原因には医療用医薬品の過当競争や、製薬業界全体の不透明な慣習などがある。問題発生の背景を探った。

「組織的な行為であるばかりでなく、日常的だった」。ノバルティスファーマの医薬情報担当者(MR)が同社の白血病治療薬...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り738文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン