2019年4月26日(金)

ヤマダイーブック「炎上」 電子書籍事業への教訓 (三淵啓自)

(1/2ページ)
2014/6/6 7:00
保存
共有
印刷
その他

ヤマダ電機が5月末、スマートフォン(スマホ)向け電子書籍サイト「ヤマダイーブック」の現サービスを7月31日に終了し、8月から新サービスを始めると発表した。だが、今まで購入した電子書籍は読めなくなり、移行措置もとらない――そんな内容にユーザーが強く反発、ネット上などで批判が燃え上がった。

ヤマダ電機は電子書籍サイトを巡り、ネットで批判を浴びた(東京都豊島区のLABI1日本総本店池袋)

ヤマダ電機は電子書籍サイトを巡り、ネットで批判を浴びた(東京都豊島区のLABI1日本総本店池袋)

この"炎上"を受けて同社は対応を一転。当初の告知は「内容に不備があった」と謝罪し、購入した電子書籍は新サービス移行後も引き続き読めるよう調整に着手。新サービス継続を承諾しない場合は電子書籍の購入に必要な「イーブックポイント」の残高相当分を、店舗で使える「ヤマダポイント」に切り替えて返還するとした。

これまでも電子書店が閉鎖されると様々な問題が起きていた。楽天の電子書店「Raboo(ラブー)」は2011年にパナソニック製の電子書籍端末書店として開業した。ところが12年7月、楽天はカナダの電子書籍・書店「kobo(コボ)」を買収し、電子書店事業を一本化するためラブーの閉鎖を決めた。

コボは世界標準のコンテンツフォーマット「E-Pub」を採用。一方のラブーは日本専用フォーマットのため、大量の書籍を変換するのが困難だったのだろう。楽天はコボへの移行プログラムを用意できなかったが、同じ日本専用フォーマットを採用するイーブックイニシアティブジャパンがラブー利用者の救済に乗り出した。

一方、今年3月末にソニーが北米での電子書籍ストア「リーダーストア」を閉鎖した際には、楽天コボがそのユーザーと、購入した電子書籍コンテンツを継承した。両社とも国際標準E-Pubを採用しており、コンテンツの移行も利用端末に関係なく、スムーズに切り替えられるからだ。

  • 1
  • 2
  • 次へ

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報