夏の旅行、国内は「西高東低」 JTBまとめ

2014/7/3付
共有
保存
印刷
その他

 JTBは3日、夏休みの旅行動向を発表した。国内旅行は大阪や沖縄が人気で西高東低傾向になった。夏のボーナス増加などを追い風に、夏の旅行の総消費額は3兆5千億円超と前年同期を6.1%上回り過去最高を更新する。総旅行人数も最高となる見通しだ。

USJなどのパンフレットが並ぶ旅行会社(東京都千代田区)

 7月15日から8月31日にかけて国内旅行に出る人は前年比0.2%増の7639万人、海外旅行は前年並みの263万人。旅行の平均費用は国内3万7500円、海外24万2600円でいずれも前年を上回るという。

 国内は15日に「ハリー・ポッター」を題材にした新エリアを開くユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)が人気で、大阪が好調。JTBでは7~8月、近畿地方に行くパッケージツアーの予約が前年比5割増。単価が高い沖縄もファミリー層に人気で、エイチ・アイ・エスは「8~9月の予約人数は前年の2倍」という。

 一方、昨年東京ディズニーリゾート(TDR)開業30周年などでわいた東京は前年割れとなる見通しだ。日本旅行は首都圏行きツアーが前年比6.6%減。JTBの調査でも、旅先に関東地方を挙げた人は16.6%で前年比3.3ポイント減だ。

 海外旅行では、二国間関係が悪化している韓国や政情不安のタイが振るわない一方、台湾が前年比7.1%増の18万人と人気が高い。旅行会社などが販売する格安航空券は、羽田発台北行きは前年比で8%高くなっている。日本からの旅行客の増加に加え、昨年から台湾からの訪日旅行客が増えており、一部では「空席を取り合う状態」(大手旅行会社)という。

 このほか、シンガポール、インドネシア、カナダなどの人気も高い。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:01
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:01
7:00
信越 7:01
7:01
東海 16:15
16:00
北陸 6:32
6:25
関西 6:05
6:02
中国 6:03
6:02
四国 12:00
6:02
九州
沖縄
6:02
6:01

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報