イオン、幕張の商業施設に犬の介護施設 24時間対応

2014/7/2付
保存
共有
印刷
その他

イオンのペット用品子会社、イオンペット(千葉県市川市)は7日、大型商業施設「イオンモール幕張新都心」(千葉市)に犬の介護施設を開く。スタッフが24時間常駐し、犬の体調を見ながら食事や運動の面倒を見る。料金は小型犬で月10万円、大型で20万円。

施設はペット専門店内に設ける。面積は34平方メートルで、犬の大きさや種類に応じて5つの滞在スペースを備えた。動物病院を併設する。

契約期間は3カ月、半年、1年の3パターンで、料金には食事代と診療代、月1回程度のトリミングなどを含む。預かる犬に年齢制限は設けない。当面は20頭程度の受け入れを見込んでいる。

定期的に面会に来るのが難しい飼い主には、犬の様子をカメラで映してインターネットで見られるサービスも用意する。

小規模の事業者が運営する「老犬ホーム」はあったが、大手企業が犬の介護をするのは珍しい。商業施設の多様な利用の仕方を提案する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]