/

この記事は会員限定です

失速タブレットどこへ行く スマホとPCの板挟み

[有料会員限定]

日本マイクロソフトは2日、タブレット「サーフェス」の新製品を発表した。画面サイズを12型とノートパソコン並みに大きくしたことが特徴だ。従来にない特色を打ち出した背景にはタブレット市場の失速がある。国内では前年割れに転落、海外でも伸び悩む。大画面になるスマートフォン(スマホ)とパソコンの板挟みにあうタブレット。一体どこへ行くのか。

「全く新しい端末だ。タブレットの薄さ軽さで完全なパソコンの機能を持た...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1484文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン