/

製麺事業の2社、シマダヤに譲渡 家族亭

エイチ・ツー・オーリテイリング傘下でうどん・そばチェーンを展開する家族亭は2日、製麺事業を手掛ける子会社2社の全株式を30日付で製麺大手のシマダヤ(東京・渋谷)に譲渡すると発表した。売却額は約6億円。円安による原材料価格の上昇などで赤字となっている製麺業から撤退し、主力の外食に集中する。

売却するのは中野食品(埼玉県八潮市)と寿製麺(兵庫県宍粟市)で、うどんやそばの麺を小売店などに販売している。2014年3月期の2社合計の売上高は75億円ほどで、1億5千万円の最終赤字だった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン