2018年7月20日(金)

閲覧ソフト、消えぬ脅威 米MSが異例の修正

2014/5/3付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 米マイクロソフト(MS)は1日、インターネット閲覧ソフト「インターネット・エクスプローラー(IE)」に見つかった欠陥の修正プログラムを配布し始めた。4月上旬にサポートを終了した基本ソフト(OS)「ウィンドウズXP」まで対象に含めるなど異例の対応となる。サイバー攻撃が広がる中で早期に決断した格好だが、脅威が完全に消え去ったわけではない。

 「今回の脆弱性に関する最初の報告を受け、速やかに全ての顧客に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報