4月の新車販売5.5%減 駆け込み需要の反動

2014/5/1付
保存
共有
印刷
その他

自動車の業界団体が1日発表した4月の新車販売台数(軽自動車を含む)は、前年同月比5.5%減の34万5226台だった。消費増税前の駆け込み需要の反動で、8カ月ぶりに前年実績を下回った。3月までの受注残が多かった軽自動車はプラスを維持したが、登録車の落ち込みを補いきれなかった。

日本自動車販売協会連合会(自販連)によると、登録車の販売台数は11.4%減の18万8864台で8カ月ぶりのマイナス。トヨタ…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]