/

自民総裁「日銀は謙虚に考えてほしい」

自民党の安倍晋三総裁は22日午後、都内の会合であいさつし、デフレ脱却や円高是正に向けて日銀に一層の金融緩和を求めた。政府・日銀の連携強化や大胆な金融緩和を訴えた21日の衆院選公約の発表に触れて「われわれが政策を発表しただけで円は下がった。下がったことで一体、何人の雇用が守られたか。日銀は謙虚に考えてほしい」と述べた。

自民党とともに政権復帰をめざす公明党の山口那津男代表は同会合で「緊急経済対策として(12月16日投開票の)衆院選が終われば補正予算を10兆円規模でいち早く実行すべきだ」と指摘。来年3月末で期限を迎える、中小企業の借金返済を猶予する中小企業金融円滑化法について「延長を含めて検討する必要がある」との考えを示した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン