アリババ集団、映画監督と製作契約

2014/6/2付
保存
共有
印刷
その他

■アリババ集団 傘下で香港市場に上場する映画・ドラマ製作大手、文化中国伝播集団が著名監督の王家衛(ウォン・カーウァイ)氏と5本の中国語映画を製作する契約を結んだ。娯楽事業を強化する戦略の一環。

王家衛監督との契約は期間5年で、王氏が監督や脚本、プロデューサーなど主要な立場で関与する内容という。

王氏は「恋する惑星」や「花様年華」などスタイリッシュな映像で知られる香港を代表する映画監督。1997年には「ブエノスアイレス」で中国系監督として初めてカンヌ国際映画祭の最優秀監督賞を受賞した。

中国の電子商取引最大手のアリババは3月、娯楽事業の強化に向け文化中国の6割の株式を取得して傘下に収めた。(香港=粟井康夫)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]