2019年8月24日(土)

大連万達集団、海外娯楽大手買収を計画

2014/7/25付
保存
共有
印刷
その他

■大連万達集団(ワンダ・グループ、中国商業不動産大手) 王健林董事長がこのほど開いたグループ年次総会で、年内に海外のエンターテインメント大手を1~2社買収する計画を明らかにした。投資部門が交渉に入っている。

米エンタメ業界ではルパート・マードック氏率いる21世紀フォックスがタイムワーナーに買収提案するなど合従連衡の兆しがあり、万達も参入チャンスとみている。

万達は中国最大の映画館運営会社。2012年には米映画館チェーンのAMCエンターテインメントを買収した。海外のエンタメ企業を買収することで、コンテンツ産業にも進出したい考えだ。

同社は中国90カ所に展開する大型ショッピングモール「万達広場」が事業の中核。モールにシネマコンプレックス、テーマパーク、ホテルなどを併設し、不動産業から総合エンタメ企業への転換を図っている。王董事長は以前から「中国版ディズニーを目指す」と表明している。(大連=森安健)

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。