2019年7月23日(火)

北京盤古氏投資、映画契約巡りトラブル

2014/6/24付
保存
共有
印刷
その他

■北京盤古氏投資 米ハリウッド映画「トランスフォーマー4/ロストエイジ」のスポンサー契約問題で記者会見し、仲介会社が米中双方で異なる契約を結んでいたと説明した。同社はスポンサー契約を結んだものの、映画の中で竜の形をした北京の自社ビルの露出が約束した20秒間より短いとして契約破棄を求めていた。

この仲介会社は同社と米配給会社パラマウント・ピクチャーズの間に入っていた。盤古側の理解では、北京の自社ビル「パングー・プラザ」を映画の中で20秒間は映し出す約束だった。だが、実際の露出時間はそれより短く、怒った盤古側は契約破棄を求め、中国当局に上映差し止めを申請した。

23日の記者会見によると、盤古が仲介会社と結んだ中国語の契約には「20秒」の確約はあったものの、仲介会社がパラマウントと結んだ英語の契約書にはなかった。

盤古は仲介会社を「悪意のある詐欺」で裁判所に訴えたものの、6月27日からの映画の上映については反対しない方針を表明した。(大連=森安健)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。