2019年8月25日(日)

ワーナー、中国で「ゴジラ」滑り出し好調

2014/6/23付
保存
共有
印刷
その他

■ワーナー・ブラザース 怪獣映画「ゴジラ」が6月13日の中国での封切り後、最初の週末に3700万ドル(約37億7000万円)を稼ぐ好調な滑り出しとなった。中国で歴代13位の興行収入。

今年は「X-MEN/フューチャー&パスト」(歴代11位、3935万ドル、20世紀フォックス)、「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」(歴代12位、3881万ドル、ウォルト・ディズニー)とハリウッドのヒット作が続いている。

6月20日にはアンジェリーナ・ジョリー主演の「マレフィセント」(ウォルト・ディズニー)が中国で公開した。

ヒット作が並んだ6月は中国映画市場にとって「ビヒモス(旧約聖書に登場する巨獣)のような月」(米メディア)という見方も出ている。6月上旬の大学統一入学試験が終わり、勉強から解放された受験生らが最大の聴衆になりそうだ。(大連=森安健)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。