2018年10月22日(月)

騰訊控股、「微信」を通販サイトに接続

2014/5/20付
保存
共有
印刷
その他

■騰訊控股(テンセント、中国インターネットサービス大手) スマートフォン(スマホ)向けチャットアプリ「微信(ウィーチャット)」から、ネット通販大手の京東商城のサイトに接続できるようにする。

早ければ週内にも開始する。微信の月間利用者が3億9580万人に達した騰訊と、ネット通販国内2位の京東とが組み、通販市場で圧倒的シェアを誇るアリババ集団(浙江省)に対抗することを目指す。広東省の地元紙「南方都市報」が20日伝えた。

騰訊は3月に京東の株式の15%を取得し、通販業務で協力する資本・業務提携を結んでいた。京東が今月22日に米国で株式を上場するのに合わせて、5%分を追加取得する権利も得ている。2カ月後には騰訊はインスタントメッセンジャー(IM)「QQ」の携帯電話向けサービスからも、京東のサイトに接続できるようにするという。(広州=桑原健)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報