ミャンマーとカンボジア、コメ輸出でタイ追撃
日本の大手商社と組む

2014/7/25付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

世界の"コメどころ"の東南アジアでコメの輸出競争が激しくなってきた。かつてコメ輸出大国だったミャンマーとカンボジアが本格輸出を再開。三井物産と丸紅がそれぞれ現地企業と組み、タイ、ベトナムの二大輸出国が握る市場で存在感を高めている。コメの需要はアフリカなどで拡大する見通しで、世界輸出の4割を占める東南アジアの勢力図が変わる可能性を秘める。

ミャンマー最大都市ヤンゴンにある港。昼夜問わずトラックが乗…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]