/

この記事は会員限定です

ヤクルト中国ルポ 駆ける「益力多小姐」

[有料会員限定]

中国広東省・広州市内の住宅街の一角。ある月曜日の朝8時半、女性たちの歌声が聞こえてきた。「健康を届ける ヤクルト精神――」。ここは現地の「益力多小姐(ヤクルトレディ)」が集まる宅配拠点の1つ。35人のヤクルトレディたちは社歌を歌い終わるとヤクルトを詰めた保冷箱を乗せ、宅配先に向け自転車を一斉にこぎ出した。

この拠点のヤクルトレディは20~40代。一人が1日に40~60件の宅配をこなす。センター長の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り853文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン