/

華油能源、米ハリバートンと提携 新疆ウイグル自治区で増産

【香港=粟井康夫】香港上場の中国民営石油開発サービス会社、華油能源は米資源開発サービス大手のハリバートンと提携し、新疆ウイグル自治区に共同出資会社を設立した。ハリバートンが持つ岩石の破砕技術など掘削ノウハウを提供し、同地域での石油や天然ガスの生産量を高める狙い。

出資額は3400万ドル(約35億円)で、華油能源が51%、ハリバートンが49%を負担する。 中国は地中の岩盤層に含まれるシェールガスやシェールオイルの開発を促進するため、欧米からの技術導入を進めている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン