/

中国ITメーカー、東芝に勝訴 USB技術で

【北京=多部田俊輔】中国メディアによると、「愛国者(aigo)」ブランドで知られる中国のIT(情報技術)機器メーカー、愛国者電子科技は10日、パソコンのUSB技術を巡る一審で東芝に勝訴したと明らかにした。愛国者は昨年4月、北京市などの裁判所に特許侵害を提訴していた。愛国者によると、裁判所は一審で東芝に特許侵害の中止と賠償金20万元(約240万円)の支払いを命じたという。

東芝は11日、一審の結果について、「上訴する方向で準備している」と明らかにした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン