/

この記事は会員限定です

ガソリン販売、首都圏で正常化 被災地の品薄は深刻

[有料会員限定]

首都圏の給油所で、東日本大震災によるガソリン不足が解消してきた。店頭では給油制限や給油待ちの行列がなくなり、販売がほぼ正常化した。一方、東北地方の被災地の品薄はなお深刻だ。

東京都内の販売激戦区、環状7号や環状8号沿いでは休業店舗がほぼ消えた。震災直後は全体の2~3割しか開いていなかった。一時数百メートル発生していた行列は解消。北関東でも「28日時点で8~9割が開いている」(群馬県石油商業組合)。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り529文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン