野菜の高値続く 大根・白菜の卸値、前年の2倍に

2010/11/27付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

野菜の高値が長期化している。旬を迎えた冬野菜の大根と白菜の卸値が前年同期の2倍程度に達し、ホウレンソウやニンジンも1~7割高い。天候不順の影響で全般に生育が遅れており、市場への入荷が減っているため。店頭はバラ売りを増やしたり、卸値が安定したキノコ類を拡充するなど消費喚起に懸命だ。

東京都中央卸売市場では大根の11月中旬の平均卸値が1キロ120円と前年同期の2.2倍、白菜も2倍以上だ。ホウレンソウ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]