/

この記事は会員限定です

卵の店頭価格7%高 猛暑で産卵減る

[有料会員限定]

価格が安定していることから「物価の優等生」といわれる鶏卵の小売価格が上がっている。9月半ば時点の平均価格は前年同月よりも約7%高い。夏の猛暑で鶏が産む卵の数が減ったり大きさも小さくなったりして、卸価格が急上昇したためだ。

農林水産省が全国のスーパーで9月中旬に行った調査によると、10個入り1パック(Mサイズ)の特売を除いた平均価格が195円だった。8月に比べ10円上がった。前年同月比では12円(6...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り342文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン