/

この記事は会員限定です

金相場下げの陰にシェール革命

米国景気の回復傾向映す

[有料会員限定]

ニューヨークの金先物価格は4月中旬の急落後も上値が重い。1トロイオンス1500ドルの節目を割り込んだままだ。金価格を押し上げてきたのは米国の金融の量的緩和によるドルの信認低下が主因だが、その信認低下に歯止めがかかり始めている。シェール革命による原油の輸入減少などを背景にドル相場が底堅いためだ。シェール革命が金市場にも波及してきた。

相場水準大きく下げる

金先物価格は4月15日、33年ぶりの下げ幅となる1日で1トロイオン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1193文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン