2017年11月18日(土)

広がる野菜工場に盲点

価格は語る
コラム(ビジネス)
(1/2ページ)
2013/3/28 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 昨年末からの気温の低下で生産が減り、高騰した野菜。各産地からの供給が減るなか、市場や店頭で注目を集めているのが植物工場の野菜だ。光や温度などを制御した工場栽培は生産量が安定しているため、自然栽培のように価格が乱高下しない。野菜高とともに需要は急拡大した。ただ足もとの気温の上昇で野菜の供給が回復すると、工場野菜の需要は低迷している。次世代の農業として期待される植物工場は広がるのか、課題を探った。

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事がすべて読めます!
電子版10日間無料お試しキャンペーンは11月20日まで!

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報