/

この記事は会員限定です

穀物市場、マネー流入加速 価格高騰の要因に

トウモロコシ・大豆、半年で4割増

[有料会員限定]

穀物市場への投資資金の流入が加速している。シカゴ先物市場のトウモロコシと大豆の資金流入量は半年間で約4割増加。2008年に食料が高騰した時を上回り過去最高水準だ。小麦も1~2割増えた。世界的な天候不順などで供給減少の懸念が強まり、値上がりを見込んだ投資家の買い注文が膨らんでいる。資金流入の急増は食品価格を広く押し上げる公算が大きい。

先物市場への資金流入量を示す建玉(未決済残高)をみると、シカゴ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り547文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン