/

この記事は会員限定です

100円ショップ、円安でひらめく究極コスト削減術

[有料会員限定]

100円ショップ向けの商品を多く扱う雑貨の製造・卸、グリーンオーナメント(大阪府八尾市)の森本勝正社長はため息をつく。「今年の決算はトントンにもっていくのが精いっぱいかな」。昨年末からの円安に中国での人件費上昇も加わって、雑貨を輸入するコストが上昇し、収益を圧迫しているためだ。スーパーなどと違い、売価が固定されている100円ショップではコスト増分の価格転嫁が難しい。100円ショップで販売される商...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1603文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン