/

この記事は会員限定です

印刷用紙値上げを言い出せない製紙会社の憂鬱

[有料会員限定]

製紙会社が目指してきた秋の印刷用紙などの値上げ表明が遅れ気味だ。市況を修正するための春の値上げがほぼ満額で浸透。この余勢を駆って秋の値上げでは円安で膨らんだ原燃料コストの転嫁を目指すとしていたが、ここに来てトーンダウン。製紙会社が慎重にならざるを得ないのは、3つの理由がある。

震災で輸入紙の存在感増す

第1の理由は「輸入品が再び増えない程度に値上げ幅を調整しないといけない」(製紙会社)。昨年まで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1675文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

価格は語る

モノやサービスの値段にまつわる「なぜ?」を様々な角度から掘り下げる連載。商品の種目ごとに細かく担当を受け持つ日経記者が、その担当の商品・サービスの値段の変化がなぜ起きたのか、日本だけでなく世界のトレンドまで鋭く切り込む。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン