/

この記事は会員限定です

Wii Uがゲーム市場に活、ソフト込みで3万円強

[有料会員限定]

年末年始の商戦を前に、家庭用ゲーム機市場に活気が出てきた。12月初めには任天堂が新型家庭用ゲーム機「Wii U」を発売。携帯型ゲーム機用の新作ソフトの発売も相次いでいる。ゲーム市場は、ソーシャルゲームとの競争が厳しい。各社は新型ゲーム機でソフトと合わせた価格を3万円強に抑えるなどして市場開拓に一段の力を入れているようだ。

新機種でも値段横ばい

12月中旬の都内の家電量販店。ゲーム機売り場の入り口に近い一番いい場所には、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1723文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

価格は語る

モノやサービスの値段にまつわる「なぜ?」を様々な角度から掘り下げる連載。商品の種目ごとに細かく担当を受け持つ日経記者が、その担当の商品・サービスの値段の変化がなぜ起きたのか、日本だけでなく世界のトレンドまで鋭く切り込む。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン