/

この記事は会員限定です

非組み換え穀物、調達難に 豆腐・ビール用…米が減産

[有料会員限定]

遺伝子操作をしていない大豆やトウモロコシの生産が主産地の米国で減り、日本の輸入価格が割高になっている。米国では栽培しやすい遺伝子組み換え品に押され、生産が細っているためだ。日本の食品会社が非組み換え穀物を調達する際に支払う2013年産の割増金は過去最高額で決まり始めた。商社などは米国以外からの調達を増やすなど非組み換え品の確保に躍起になっている。

世界では遺伝子組み換え型の穀物の生産が増えているが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り794文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン